スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

レギュラーコーヒー、はじめました!?壱 

カテゴリ:食べ物・飲み物

昨年末、知り合いの設計士さんが、事務所に遊びに寄ってくれたとき、コーヒー豆(挽いたの)を持ってきてくれたことから、始まりました。


子供の頃から、社会人になる頃までコーヒーを飲むとすぐにお腹がゴロゴロ言い出すのが苦手で、ほとんど飲んだことがありませんでした。
会社に勤め、出張先の事務所で出してもらったコーヒーを飲む頃から、少しづつ飲めるようになり、インスタントコーヒーからはじまり、道具のいらない簡単なドリップコーヒー、ネスカフェのバリスタなどのコーヒーを飲んでいました。

コーヒー豆をいただいたものの、コーヒーを入れる道具がない!ノウハウがない…。

取り急ぎネットで調べると、ドリッパーとペーパーフィルターがあれば何とかなるらしい(怪)

ホームセンターのコーヒーコーナー(初めて気が付きました)に行くと、色々と並んでいる。

急に思い立って、買い物に出たので普段から軽いお財布がもっと軽かった(冷汗)

とりあえず
   ドリッパー  ⇒  カリタのプラスチックのお手頃な物…これでいいの?
   ペーパーフィルター ⇒ ドリッパーのサイズ(2~4人用)の100枚入り…この組み合わせあり?
   サーバー   ⇒  とりあえず、4杯までは入れられる安いやつ…(謎)
   メジャーカップ ⇒ サイトを見たら、コーヒーの分量を量るらしいから…一応買っておこう。
   ペーパーフイルター入れ?  ⇒ フィルターを保管しておくらしい
などなどを購入。千円もかからないでお買い物終了。

とりあえず、コーヒーを…

2013-01-31.jpg ドリッパーの位置がおかしなのは、愛嬌ということで。

最初の一杯!飲んでみると…。

マズイ…。


続きます。
スポンサーサイト


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

布団の中で考えてみた-①目的と手段…手段の結果の断熱?? 

カテゴリ:断熱気密

こんにちは。

年末年始、寝込んでいました(恥)

年末子供にうつされ、元旦に甥っ子にうつされ?、家の中で風邪やウィルスのキャッチボール(涙)
そんなこんなで、また子供が熱を出して日曜に当番の病院にかかったり、お嫁様が風邪をひいて仕事を休んだり…。・

やっと通常に戻りました。
が、まだまだ油断はできません。お客さんに聞いたりすると、近所でもインフルエンザが流行っている話を聞きました。

生きているか確認の電話下さった方、ありがとうございました。
寝込んでいる間、テレビを見たり、携帯を見る元気もなかったりのお布団の中で思ったことを少し…。


東日本大震災以降、エネルギー事情が変わり、省エネや節電に目が向けられ、昨年のゼロエネ住宅の補助金や認定低炭素住宅、今後の省エネ基準の改正や2020年の断熱義務化?に向けての大工職など実務者の施工技術講習会が始まったりと、省エネが熱い?です。
これに伴い、断熱材や気密材、その他関連商品のメーカーさんの講習会の案内が届きます。


断熱?気密?工法?
ただでさえボンヤリしている頭が、熱が出たり気持ち悪かったりで、なんだかわからなくなりました。

ここで僕なりに整理。

断熱や気密は、目的じゃないんですよね。
冬暖かく暮らしたり、夏涼しく過ごすための手段で、少ないエネルギーで暖かく暮らすための手段、方法として丁寧に断熱してってのが筋道じゃないかと…。

目的と手段を例え話に置き換えてみます。

2010年に研修会参加の為、仙台に出張がありました。
ここでいう、目的は出張参加の為に、仙台へ行く!です。

で仙台へ行くためには、
1.東海道新幹線で東京まで出て、東北新幹線(でいいんですよね?)に乗り換えて仙台へ行く方法。
2.中部国界空港(セントレア)まで行って、仙台まで飛行機で飛ぶ方法。
3.車で高速道路を使って、ひたすら北上する方法!
4.自家用ヘリコプター?
などなど、いろいろな手段があり、それぞれ金額も、時間も違いますし、帰りに途中で寄りたい場所があったりすれば、選択できないことがあるのが、手段や方法じゃないかと…。

で、僕は予算の関係、時間の都合をとって、1の新幹線を使って仙台まで行きました。


ここで再び、断熱や省エネの話。

冬暖かく、夏涼しく過ごしたい。光熱費を少なくしたい。が目的。

その目的を達成するためには、断熱材を入れましょう=暖かく暮らし、省エネにする手段を使う(でいいんですよね?ちょっと心配(冷汗)

この手段、方法は、大枠で上記1~4のようにいくつかに分かれていて、断熱手法として、
充填断熱工法があったり、外張断熱工法があったり、メーカーさんのクローズドな○○工法があったり、はてまたNASA開発の○○?と言われるような工法があったりと、多種多様です。
これらは、手段であり、方法です!


新幹線なら、東京駅での乗り換えの時間を遅らせて、スカイツリーを見に行ったりできるでしょうし、車なら茨城で水戸黄門の隠居所であった西山荘を見に寄ったりと、目的を果たしながら自分の好みの場所に寄ったりできます。

飛行機に乗りたいから、乗っていける場所を選ぶ。
新幹線に乗りたいから、路線にある場所を選ぶ。
旅行なら、それもありでしょうが、家は住む人が暖かく、快適に、心地よく住むのが目的じゃないかなと…。


まだ、風邪が完治していないのか、文章がまとまっていません(←風邪のせい)

次回に続くかも…です!


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

応急危険度判定士訓練に参加してきました。 

カテゴリ:勉強会・講習会

平成25年1月16日の日記

今日は袋井市で行われてた、応急危険度判定士訓練に参加してきました。

応急危険度判定士というのは、大地震が起こった後に、建物が使えるのか、使えないのかを判定する、講習を受けた建築士です。⇒くわしくはこちら

前もって訓練の連絡があり、事務所で仕事をしていると、メールで指定された場所に集まる旨の連絡がありました。

今までも、訓練の参加はありましたが、前回の訓練の時から、引っ越しましたので集まる場所がいつもと違い、袋井市市役所へ行きました。

市内3か所で訓練がありましたが、僕の参加した中部エリアは18名の参加でした。


受付を終えて、市役所の建築課の方からの説明のあと、避難場所とされる学校や市の施設などを点検する話と地図を見ながら場所の説明を受け、続いて2人ずつに分かれて訓練の会場の袋井市東庁舎の建物を外観のチェックから、柱の傾きなどを、応急危険度判定士手帳を片手に「被災した時には、こんな風に見ないといけないね!」などといろいろと相談しながら、チェックシートに記入。

もちろん、東庁舎は被災していませんので、青紙!

再び、机に戻って市役所さんのお話を聞いて終了しました。

事務所に戻ると、他のエリアで参加した社長も戻っていました。

夕方のローカルニュースで訓練の模様が放送されましたが、僕はヘルメットを被った後姿がチラッと映っただけで、あれじゃダレなのかわかりませんでした。

------
講習と行っても、座学だけですし、訓練も被災していない建物のチェックですので、本番の危険度判定には、とても悩むんじゃないかと思います。
新築もリフォームもそうですが、人の命を守るための建物ですから…。

地震が来ないことを祈りながら、地震によって被害の小さい建物づくり(リフォーム)を頑張っていきます。

関連タグ:応急危険度判定士 訓練 袋井


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

「高断熱住宅の設計施工技術習得支援スクール」に行ってきました。 

カテゴリ:断熱気密

1月11日(金)の日記

今日は、名古屋まで新住協主催&国交省技術養成補助事業の「高断熱住宅の設計施工技術習得支援スクール」に行ってきました。

JRと新幹線の乗り継ぎが良くなくて、時間がギリギリか少し早目に到着の新幹線しかなくて、講習会では、できるだけ前に座りたいので、早目の新幹線で会場着!

会場は開いていましたが、断熱関連商品の展示メーカーさんと、事務局の方だけで、毎度のごとく受講者一番乗り!!
事務局長AさんとKさん、先生にご挨拶。

講義が始まる時間になると、会場がいっぱいになるくらいの受講者さんです。

内容は、高断熱の基本から、より省エネルギーにするノウハウ、断熱模型での施工の説明、暖房エネルギー計算ソフトの説明など盛りだくさんで、あっ!という間に終わりました。

昨年のゼロエネルギー住宅、低炭素認定住宅に続き、全国各地で大工さん向けに断熱施工技術研修が行われたり、断熱基準の改正が行われたりと、ますます省エネルギー住宅に注目が集まります。

しっかりと勉強をし、正しい断熱の考え方と管理をされた現場施工の省エネルギー住宅つくりにまい進してまいります。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。