2013年06月 の記事リスト

≪前月 |  2013年06月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑭ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは

環境月間の6月。あっと言う間に過ぎ去り、本日は晦日です。
「6月は、環境月間です。住まいの省エネを考えてみた」シリーズ(?)も今日で無理やり終わらせなきゃです(大汗)
今回で⑭なので、二日に一回程度しか書けていませんでした(汗)

さて、続きとまとめをします…。

前回までで断熱性能であるQ値を良くする事(数字を小さくする)と、建物の省エネルギーとは必ずしも連動するとは限らない…と言う事まで書きました。

これでは、これから住宅を取得する建て主さん、リフォームを考えている方にとっては、何をもって省エネルギーな家を選べるのか、わかりませんね(大汗)


工務店、設計者さんなど家づくりを生業にしている人でもわかっている人は、わかっていますが分からない人も少なくはありません(困)

じゃ、どんな数字を基準にすればいいのかと言うと…

工務店・設計者さんなど、聞いてみてください。
それが一番(謎)


僕は、小さな工務店で実際に現場で仕事をしている人間で、評論家じゃないので悪しからず…(汗)

建て主さんがご自分で調べて、工務店・設計者さんにどんどん聞くのが一番近道じゃないでしょうか?

と、言うわけで2013年の「6月は環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた」シリーズ終了です。
スポンサーサイト


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

省エネ扇風機 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは

天気が不安定ですね。梅雨に入ったばかりの頃は、雨も降らなく暑かったりしましたが、最近は雨もぼちぼち。暑かったり寒かったりしますね。

さて、自宅アパートは毎年エアコンと扇風機で夏を過ごしてきました。エアコンはお掃除機能が付いている高効率(省エネ)の物なのですが、扇風機は10年選手が頑張っています
が、音も大きくなってきて、昨年でしたでしょうか?扇風機から発火する事件をニュースで見たので、扇風機の購入を考えて、先日家電屋さんに行ってきました。
お店に入ると、エアコンのコーナーより扇風機コーナーの方が沢山人がいました。

一番目立つところにあったのは、羽根のない扇風機で有名なダイ〇ン!⇒高いので眼中になし!(汗)

すごく沢山並んでいて、サイズの違いや、首が上を向くサーキュレーターになるタイプ、マイナスイオンがでるもの、DCモーター、ACモーターなど、さまざまで、金額もピンキリでした。


5000円くらいの物もありますが、ACモーターで今までと同じくらいの消費電力のものですが、少しお値段を出すとDCモーターで、消費電力が少なくて省エネ&電気代が安いものがありました。

一万円くらい価格の差があると考えちゃいますよね。

でも、冬もエアコンの設定温度を少し落として、サーキュレーター代わりに使うとすると稼働日数が増えるのでDCモーターを選択してもいいんじゃないかなーと思ったりも…。

他にも、日中のピークカットをするために、夜の間に充電をして昼間の電気使用量のピークの時間帯にはバッテリーで稼働する素敵なタイプもありました。(でも結構高い)

今のアパートに越した4年ほど前、高いものもありましたが、4千円くらいでマイナスイオン発生のタイプを買いましたが、省エネ性能の速さには驚かされます。

あと、一つ目についたのが商品の性能を表す表に「設計上の標準使用期間〇〇年」と言うのがありました。
これは、製造した年から安全上支障なく使える標準的な期間だそうです。
全体的に、安いものはこの期間がが短く、高いものは期間が長かったです。

金額÷「設計上の標準使用期間」を考えると、高くても長く使えれば最終的に安くなるのかもしれません。

と言う事で、家に帰って、DCモーター&使用期間が長い&その中でもそこそこ安いコスパの良いものの購入を家族で相談したいと思います。

でも、省エネ診断などの時に、「物を大事に使う」Or「省エネ対応機器に買い替える」のどちらかを説明しようかっていつも悩まされます。



インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住宅の省エネを考えてみた⑬ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは

続きます。

前回まで、省エネ等級4を満たした中でも、断熱性能Q値の大小など、性能の差があります!と書きました。

じゃあ、省エネ等級を満たした中で、熱の逃げる数値が小さい方が、省エネルギーなのか?と言う事を掘り下げてみます。

数ある断熱計算のソフトの中に、年間の暖冷房の負荷が計算できるものがあります。
暖冷房負荷と言っても僕も説明しにくいので、暖房だけを取り上げて、灯油で暖房する時の灯油量と仮にします。

で、そのソフトを使って、面積、形、窓の大きさが同じ建物を入力してみます。その他の仕様はそれぞれちょっといじってみてこんな結果がでることがあります。
1.Q値=2.68 の建物の冬の暖房時の灯油量が466L
2.Q値=2.12 の建物の冬の暖房時の灯油量が472L
断熱性能Q値が優れているのに、暖房に使う灯油の量が増加しています。

前回までは、次世代省エネ基準をクリアする建物の中でもレベルがありますよ!と言うことをお話しました。
しか~し。断熱性能は向上しても、実際に暖房にかかるエネルギー量(ここでは、灯油量)は増える場合があります。
(上記の仕様は、また聞いてください(汗))

こんな事が実際にあります。

ここまでくると、断熱性能が良くても悪くても関係ないじゃん!と言う声が聞こえてきます。
でも、断熱性能を含めて、暖房にかかるエネルギーの計算をした結果をもとに表したものです。

よって、断熱の計算をしないことには、始まりません。

ここで、わかっていただきたいのが、何を目的にするか…と言う事。
家の断熱計算、施工をする目的は、省エネでかつ、快適に住んでもらうためです。
充填断熱や外張断熱、○○工法や断熱材に○○を使う…と言うのは、目的を達成するための手段です。
また、断熱性能Q値の向上を求めるのも一つの手段なので、断熱設計(上記2)で、断熱性能は高いけど実際に省エネにならないのは…×

正しい断熱設計を含めた建築的手法と正しい施工によって、目指すのは省エネで快適な住まいです。

続く…(のか?)


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住宅の省エネを考えてみた⑫ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは

もう少し続きます。

6月は、環境月間です。住宅の省エネを考えてみた②の断熱性能と省エネの関係の続編。

建物の断熱性能と夏の日差しの取り入れる数字を基準とした、省エネ基準、現在は等級の表示までしかありません。

床面積一平方メートル当たり、うんたからかんたらの場合、熱の逃げる量がこれ以下にしなさいよ!って言う数値と、夏の暑い季節に、日差しによって暑くなり過ぎないように、窓から入る日差しを小さくしなさい!壁や屋根からも入る熱を小さくしなさい。入ってもこれだけだよ!っていう数値の2つをセットとしたものが上記、省エネ基準の等級となります。
これをもう少し簡単にしたものが、この性能と同じにするには、壁にどれくらい、屋根にどれくらい、窓はどんなのを使えば、上記を満たすのと同等になります。ってのもあります。
書いてて、自分でわけわかんないです(汗)
(これ以外に、年間の暖房と冷房の負荷の基準を満たす建物か?と判断する方法などもありますが、割愛します)

さて、熱の逃げていくうんぬんの基準の数字、静岡県のうちの近所(袋井や森町など)ですと、2.7と言う数字になります。俗にいうQ値2・7w/㎡Kっていうのです。

この数字は、大きくなるほど、家の中から逃げていく熱が多く、小さくなればなるほど、熱が逃げないって数字です。

で、静岡県の大半であるⅣと言われる地域での現在の最高基準である、温熱等級4が2.7。
前に書きましたが、平成11年位作られた基準(汗)
少し古いのかな?って感じです。

で、もういっちょ!この2.7をクリアすれば、最高等級4なので、この熱の逃げる数量が2/3になって2.7が1.8になった場合。建て主さんが、この数字の事を少しでも理解してもらえば、「あっ!こっちの方がいいんだな!」ってわかるのかもしれませんが、

同じ大きさ、断熱性能以外同じ仕様だとすると、
方や、等級4(2.6としましょう)で、2400万円
もう一方が、等級4(Q値1.8とします)が2550万円とすると、両方とも、同じ等級4
でも、違うんですよね(大汗)


冬にお出かけするときに持っていく水筒で例えると、
ガラスの魔法瓶とステンレスボトル。同じ保温型の水筒ですが、こちらの性能はもうご存知と思いますが、性能違いますよね。
こちらの表示は、何℃のお湯が、何時間経って何℃に下がります。って感じの表示を見て選ぶ人もいると思いますが…。

今日は、こんな感じです。

続きます(?)


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑩ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんにちは。

「6月は、環境玄関です。住まいでの省エネを考えてみた」シリーズ(謎)が続きます。

今日は、住宅の省エネの中締めをしてみます。私論なので、お手柔らかにお願いします(汗)


環境に優しい住まいは、
最低で次世代省エネ基準をクリアさせる事が第1番目、その中で、正しい設計、正しい施工が大事と言う事。

2番目に、高効率機械を選ぶこと、給湯器類なら、ガスならエコジョーズ、電気ならエコキュートなどヒートポンプ。照明も蛍光灯やLED電球。エアコンも省エネタイプの高効率のものを選ぶ。その他家電も、効率の良い物を使うと電気代がグッと下がります。他にも、設定や使い方も大事です。

3番目にやっと、創エネルギー。太陽光発電などが来ます。

と言うことを半月かけて書きました(疲)

で、ここからもっと深~い話に入っていきます。

続く…。のか?


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑪ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは

ちょっと出張に行ってました(疲)

続きます。

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた②で、書いた省エネルギー基準と本当の省エネの関係性を掘り下げてみます。

断熱性能が良い方が、省エネなのか?と言う話。
(ここでは、基準法も生活のスタイルも無視した極端な例で表現します。)

同じ断熱性能の建物があったとします。
仮に次世代省エネ基準をクリアするQ値2.5W/㎡kとします。(この性能の数字の意味は、以前説明してあったと思います(汗))

で、床面積当たり2.5W/kなので、仮に100㎡のおうちと、200㎡のおうちでは、
一時間あたり、内外温度差1℃の熱の逃げる量は、
100㎡の家ですと2.5W/㎡K × 100㎡ =250W
200㎡の家ですと2.5W/㎡K × 200㎡ =500W
熱の逃げる量が倍になります。

住む人の人数や、使い方などを考えて、適切な大きさの住まいを作ることが大事です。


これは、以前書いたダイエット定食だからと言って、おかわりしちゃうとダイエットにならないよ!っていうのと同じです。


性能数値だけ、省エネルギー基準達成だけを見ても、数字のマジックにはまってしまいます。

と、断熱性能の数字だけを見るだけでは、省エネなのか分からないんです。

続く!のか?


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑨ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは

気密の話が続いちゃいましたが、環境負荷の小さい住まいの話に軌道修正します(汗)

断熱、省エネ、創エネの他にも考える事はあります。

ひとつは、長持ちさせる事。
日本の家は寿命が短いと言いますが、本当にダメになって壊すと言うより、生活スタイルに合わなくなったから建て替えちゃおうっのも多いんじゃないですかね。
今の技術とメンテナンスをしっかりすればダメには、ならないと思いますが、地震などの災害の後でも、補修をして住み続けらればゴミが出ません。

私共の手掛ける木造住宅は、環境に優しいと言われますが、植樹してから60年以上の木が使われます。
建物の寿命が60年以下とすると、何時かは木の生産が追い付いて行かなくなります。
僕たち造り手側の人間は、みんな長く住んで欲しい!そんな気持ちで住まいづくりに携わっています。

耐震性能は、自然災害から生命と財産を守るだけでなく、環境も守ります。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑧ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは
梅雨らしく、降ったり止んだりですね。
降らないと思って外にいたらずぶ濡れでした。
でも、濡れるってあんまり嫌いじゃありません。

さて、またまた…また続きます。

前回は気密の話だったので、続けます。
どれくらいの気密性能が必要なのか?と言うのは置いといて…

気密が5cm2/m2とか、2cm2/m2などの数字を相当隙間面積と言います。C値とも言われます。
これは、建物の隙間の総面積を延べ床面積(建築基準法の延べ床面積と違います。)で割ったものです。

建物の隙間は、気密測定器と言うもので建物に設置して実際に測ります。

なので、測らないと気密が高いのか低いのか分からないのが事実。
(でも、気密工事と測定を繰り返すと、数字はとにかく、結構いけるぞ!って感じたりはします)

あとは、断熱に必要な気密性能があるか確認するだけだけです。


あまり目にする機会は少ないかも知れませんが見てみたい方いらっしゃいましたら、事務所に遊びにきてくださいな

最後は宣伝でした(笑)

続きます

 


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

静岡県地球温暖化防止活動推進員 委嘱式に行ってきました。 

カテゴリ:地球温暖化防止

こんばんは
今日は暑かったですね。
天気予報もよく分かりません(謎)

さて、今日は浜松市の県総合庁舎へ静岡県地球温暖化防止活動推進員の委嘱式に行ってきました。

現場に寄りながら少し早めに会場に着くと、ボチボチ集まって来ていていました。
任期は二年で、今回で四期目の委嘱式になりますので、他の推進員さんにも顔を覚えていただいたりして、嬉しい限りです。
委嘱式が二年毎なので、二年ぶりに顔をお見掛けしたりもします。

県の担当者の挨拶に続き、今年から推進員をされる同じ袋井市の伊藤さんが代表で委嘱状を受け取られました。

県と、推進センターのかたからの説明があり、休憩のあと、国立環境研究所 地球環境センター気候変動リスク評価研究室長の江守正多先生から『地球温暖化の現状と将来予測』と言う講演がありました。

先生はとてもイケメンで、話が聞きやすく、内容も濃くてアッ!と言う間の時間でした。

講演が終わったあと、顔馴染みの推進員さんと、近況報告したりして再開を誓って会場を後にしました。

二年間、推進員として、心新たにがんばりますので、どうか宜しくお願いいたします。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑦ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは。
どんより曇った日は、古傷が痛みます。

さて、続きます。

環境、省エネを考えた家造りをしようとすると、まず最初に建築的手法を行う!ところまで書きました。
建築的手法の最たるものが、高気密高断熱工法、住宅です。

で、この高気密!と言うのが今回のテーマ!

ちょうど。ブロ友のm_s_k_zさんも気密の内容ですね。

建物の高気密にすると言うのは、ざっくり言って建物の隙間を小さくする事です。
高気密にする理由は大きく3つありますが、スマホからの更新なので、今日は省略(笑)(詳しくは直接聞いてください)まあ、断熱したら気密はセットです。

でも、中には気密が必要ないと言われる方も少なくありません。これは、賛否両論ですが僕は気密が必須の高気密論者です。

なにを持って高気密と言うか……ですが、平成11年基準が出たときは、静岡県の大半を占めるⅣ地域は、5 cm2/m2(延べ床面積1m2当たり5cm2)を下回るのが基準でした。
しかし、平成21年の改正で、その数値は無くなってしまいました。

(これによって、気密はいらない!って思う人が増えたんじゃないかな?って思ったりします。)

実際Ⅳ地域で、気密を考えた家造りをしているひとは、5cm2 は遥かに超えた気密性能を達成していますが、高気密だと思っていないようです。

断熱材を入れて、その効果を目一杯引き出そうとすると、その気密になっちゃった!と言うことだと、いわきの断熱アニキが言ってました!

断熱材の効果を最大限に発揮するためには、高いか低いかは、とにかく気密が必要です!

またまた、続きます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑦ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんばんは。
何だか梅雨らしい天気ですね。

少し開きましたが前回の続きを一回まとめたいと思います。

エコな建物を作ろうと考えると、建物の断熱化、高効率設備機器の導入、太陽光発電パネルなどの創エネシステムの導入の3つがメインになると前回まで書きまとめました。

上記の全てを同時に取り入れられれば良いのですが、予算の都合などで、なかなかそうも行きません。

もしも、全てを同時に取り入れるとしても、順序があります。

家を建ててから、リフォームなどをするのは、どれくらいを考えていますか?
外壁のメンテナンスや、内装の更新(クロスの張替や畳の表替えなど)は10年位でするにしても、外壁をはがしたり、サッシの取り替えなどは、15年や20年はしないと思います。10年先には電気代やガス代がもしかすると、倍になるかもしれません。設備機器等は10年程度で、交換の時期が来るとします。
その時には、きっと今以上高効率のものが安く出てくると思います。なので、一番最初に断熱及び建築的手法を取り入れたあと、設備機器、太陽光発電などの順番が正しいです。

続く


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた⑤ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

前日から、続きます。

太陽光発電の前に、住宅の省エネ化のおすすめの理由をもう一つ。

昨年のブログのエントリにも書きましたが、もう一度…。
20121203のエントリーより



ここから、恒例の独り言。
省エネやエコ関連の情報を見ると、太陽光発電パネルなどの再生可能エネルギーを使っているので「エコです」という記述が最近増えてきた気がします。

太陽光発電パネルを屋根に載せて発電するのは、環境を考えると温暖化効果ガスも発生しませんし、燃料を燃やしたりしなくてもよいのでとても、良い事だと思います。


しかし、まだまだ家庭用蓄電池が高価だったりして普及率があまり高くないので…

太陽光発電パネルなどの再生可能エネルギーの増量によって通常時は電力量のひっ迫がないので、家庭内で使用される電力使用量は今までと変わらず減らない。
                   ↓
再生可能エネルギーは、日射や風などの天候に左右される要素が大きいので、出力が減ってしまう恐れあり。
(先日の北海道の暴風雪みたいな天候があるかもしれません)
                   ↓
再生可能エネルギーの出力が減ってしまうと、電力会社の発電所の発電量が従来通りの量と同じ分だけ必要になってしまうかも…。
                   ↓
電力が足らない!?…(大汗)

こんな事も起こりうるんじゃないでしょうか?


まずは、住まいを省エネで暖かく暮らせるように、
①家の断熱を強化する。(断熱性能の良いサッシや断熱材をしっかり施工など)
②効率の良い暖房器具を使う。
など、まずは建物での省エネ性能を上げるのが大事です!。
って、風に僕は思ってます。

続く…


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた④ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

今日も続いて、6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた④です。

エコな住まい=”太陽光発電が載ってる家”と思う人も結構多いんじゃないかなと思う今日この頃。

確かに太陽光発電を付けると、ついてない家と比べると、
 (家で使うエネルギー) - (発電したエネルギー) になるので、本当に必要なエネルギーとしては、省エネになります。

しか~し!
 (家で使うエネルギー)が大きい場合(省エネ対策していない住まい)と、 (家で使うエネルギー)が小さい場合(省エネ対策した住まい)で、同じ発電量の太陽光発電を乗せた場合。省エネ対策してある家の方が、太陽発電分のエネルギーが残ります。

家で使うエネルギーより太陽光発電の方が大きければ、売れますが、売れる量が増えます。


よって、太陽光発電を付けるにあたって、建物の省エネと高効率の設備をしないと、あまりおいしい話にはなりません!と言う事です。

続く…


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた③ 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

こんにちは。
6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた②の続きです。

住まいで省エネを考えると、機器類などを高効率のものを選択する事があるかと思います。

平成22年の資源エネルギー庁の家庭でのエネルギー消費についてみると
冷蔵庫、テレビなどの情報機器、照明機器、給湯関係、エアコンなど様々のものがあります。

まずは、冷蔵庫。現在のものと、10年前のものとを比べると消費電力が2倍もの差が出ます。
テレビも、10年前の32型ブラウン管と、現在の32型液晶テレビと比べるとこちらも約二倍。
エアコンも、3分の2くらいになっています。

10年くらいですと、買い替えなどあまり検討しないかもしれませんが、結構省エネになります。


給湯器ですと、ガス給湯器も効率が85%くらいだったものが、現在ではエコジョーズと言われる90%を超える省エネタイプがあります。

他にも、エコタイプの便器で、洗い流す水が少ない物や、暖房便座も省電力があったり、シャワーでも節水タイプがあったり、ほどんどのものが省エネに向かっています。

LEDなども、出始めた当初と比べて値段もだいぶ安くなってきていますね。

購入してまだ年数がたっていないものを買い替えるというのは、ちょっと覚悟が要りますが、
次に買い替えるときは、効率の良い物を是非検討してみてください。

もう少し、続きます!


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた② 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

前回の続き

住まいづくりで省エネや環境を考えるときに、まず一番最初にわかりやすいのが、省エネ等級4ヤ、次世代省エネ基準があり、それを選ぶのは正解!ちょっと間違い!と言うところまで書きました。

間違いと言うか、もう少し深く掘り下げてみます。

①「次世代省エネ基準」といいつつ、本来は平成11年基準。もう14年も前の基準です。
 10年ひと昔と言った時代もありましたが、車、家電やパソコン、携帯などエネルギーを使う機器は日進月歩で技術は進んでいます。この基準も算定方法が変わりますが、性能は何も変わりません。これって、古すぎませんか?って思います。

②省エネ住宅の基準をクリアすれば、どんな家でも省エネになるか?……⇒
たとえば、ダイエットしたい人がお店に入ってダイエット定食を頼みます。定食を食べたけど、あれ?お腹がすくからもう1セット…ダイエット定食でもおかわりすれば(量を増やせば)痩せません!
同じ面積の建物を、省エネとそうでない家と比較すれば、省エネ住宅の方が省エネになりますが、省エネ住宅でも小さい面積の建物と大きな面積の建物と比べると、大きな面積の建物の方がエネルギーを使います。
こんな事も考えないといけないかもしれません。


③この基準は、主に建物の断熱性能を表示するものです。断熱性能が上がると家から逃げる熱が小さくなるので省エネになりますので、いいのですが、ただ周りの環境などを見ないで性能をあげる事に力を入れても、実際に使うエネルギーが小さくならない場合があります。この話は、また詳しく書いてみたいです。

④設計と現場と管理
省エネ等級の表示があっても、現場でその通りの施工をしていないと、同じ断熱材を入れても効果が出ません。
昨年から全国各地で行われている省エネ住宅施工技術研修会でも、断熱の入れ方や気密の取り方があり、正しい施工をしないとどれだけ性能が低減するか表示されています。

まだまだ、いっぱいありますが今日はこの辺で終わります。つづく…






インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

市長との対談会に参加してきました。 

カテゴリ:日記

こんにちは。環境月間ですね。

6月1日号の広報ふくろいをご覧になった方は、あれ?って思ったかもしれません…。

13ページにちょこっと写真が載ってます(恥)
130601_13.jpg
市長×市民THE対談のページの為の対談会に参加させていただいてきました。
環境月間との事で、環境に関する内容。

夜七時に市役所の四階にある今まで、足を踏み入れる事など思ったことも無い市長応接室にてスタート。
ドキドキと緊張の中、市長さんのスムーズな問いかけに対して、あっと言う間の時間でした。(焦)

【声を掛けていただいた経緯は…わかりません。きっと静岡県地球温暖化防止活動推進員や市民環境ネットふくろいへの参加でしょうか。】

地球温暖化、原発の停止など、エネルギー状況が変わるなか、今だけでなく、これからのエネルギー状況を見据える事を考えていきたいと思います。

これからも、頑張ります!!


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

6月は、環境月間です。住まいでの省エネを考えてみた① 

カテゴリ:ちょっと考えてみた

2013年も早いもので、もう6月。今月は、環境月間です。
ブログも一か月以上ご無沙汰しちゃいました(冷汗)

環境月間と言う事なので、環境に負荷の小さな住まいをもう一度考えてみます。と言うか独り言。読者もほとんどいませんし、私論なので誤記はご勘弁を…
これから、家を建てよう!リフォームしよう!と思った一般の方が、「環境にやさしい家」を考えるときにまず、新聞、メディア、チラシで、目にするのが、

・次世代省エネ基準
・温熱等級4
少し前ですと、エコポイント対応住宅など じゃないでしょうか?


住宅の省エネルギーの基準は、昭和55年に定められ、その後、平成4年、平成11年に法律が改正され、改正ごとに基準が強化され、平成11年基準を次世代省エネ基準や温熱等級4と言われたりします。
(でも、この省エネ措置の努力義務を求めているだけで、建築基準法とは異なり強制力はありません。)
この基準は、日本全国をⅠ~Ⅵ地の地域に分け、その地域ごとに断熱や日射遮蔽の基準値が示されて、それに適合した建物が、次世代省エネ基準だったり、等級4だったりするわけです。
この次世代省エネ基準に適合した住宅と昭和55年の旧省エネ基準に適合した住宅の暖房時の灯油消費量と比較すると、次世代省エネ基準は、旧省エネ基準の約半分という試算があります。

この省エネ基準の内容をもう少しわかりやすく書くと、家全体から逃げたす熱量がこれより小さかったら〇〇年基準適合だよ!ということで、年代が新らしい基準ほど、断熱性能が高い住宅である事を意味します。


と言うことで、環境に負荷の小さい住まいを選ぶには、
 ・次世代省エネ基準
 ・温熱等級4
の表示を選ぶのは、正解!
でも、ちょっと不正解(謎)

と、言うことで続きます。





関連タグ:環境月間


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。