スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

釘 

カテゴリ:家造りで意外と知られてない事実(秘)

こんばんは。

お正月休みは、いかが過ごされましたか?

僕は、御年始に行ったり、初詣に行ったりして、アッと言う間に過ぎてしまいました。

家にいる時間は、建築関連のTV放送があったり、録り貯めてあった番組を見ました。

中でも元日にNHKで放送された、『わたしの世界遺産「建築・藤森照信」』の中の釘の話が印象に残りました。

藤森氏は、近くで言うと「秋野不矩美術館」や「ねむの木こども美術館」の設計をした建築家で、設計事務所の友達に誘われて見に行ってから、興味がわきました。


良く昔の建物は釘を使っていない…とか、釘を使わないのが大工の技術だ…なんて話を聞いたことがあるかと思います。

でも、番組の中で、藤森先生は、「昔の建物でも、釘は沢山使ってる」とか、「法隆寺には長い釘が使われている」とか、「釘を使わないって自慢することは、箸があるのに手でご飯を食べてるみたいなもの」そんな風に言われていました。

以前、文化財の研修の講師の先生も、「昔は釘は鍛冶屋さんが作っていて高い物だったから、武家屋敷などでは使われているが、民家などではあまり使われていないが、使わなければ家ができない」と言っていました。

どこからか、釘を使わない=良い建物って言う話が出来たのか分かりませんが、家づくりに関していろいろな噂があり、僕も色々とびっくりさせられる事がいっぱいあります。

この番組は、とても楽しく勉強になりました。


今年も釘を正しく使った、丈夫な住まいづくりに頑張って行きますので、宜しくお願い致します。



インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。