スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

手道具&(VS、OR)機械工具 

カテゴリ:日記

毎度の事ですが、またまた久しぶりの更新になってしまいました(汗)

今日は、ちょっと呟きです。

***
現場で、釘打ち機を使います。
工事現場の近くを通ると、「パシュン!パシュン!」と聞こえるエアの圧力によって釘を打つ工具です。
hn65n1_b.jpg ⇐ こんなんです。

ず~っと昔は、玄能(かなづち?)を使って打っていましたが、僕がこの仕事に入った20年前には、釘打ち機が使われていました。

その当時先輩が「基本は、手道具だから!」と言われ、先輩が釘打ち機を使って釘を打ち、僕は手が痛くなりながら、何本も何本も釘を打っていました。

手で釘を打つと、下地に釘が効いているか手ごたえで分かりますし、こうやって打つんだ!というのも分かってきました。
その後、機械を使って打つときに、様子がわかりますし、こんなことに気を付けて打たなきゃ!っていうのを覚えた気がしました。

*****
その約10年後、構造のお師匠さんから「基本は、手!設計は機械に頼りすぎるな!電卓をたたいて、自分で計算して計算方法を覚え、その後コンピューターを使えば、コンピューターのソフトのミスがあっても、チェックをすれば自分で分かるけど、最初からコンピューターだけになってしまうと、ソフトのミスがあっても、そのまま進んでしまうから…と言われました。

実際、プログラムのバージョンアップ後、チェックをしたらエラーを見つけた事がありました(汗)

***

現場の機械も、設計のソフトも同じ。

機械を使えば、効率も上がりますし、スピードアップもします。
でも機械は機械。

基本は自分の手。

最近、簡単に導入できる事は沢山あるようですが、汗をかいて、努力をして頑張って頑張って、身に着けることをこれからも忘れないで、進んでいきたいと思います。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

コメント

そう言うことだったんですね。
確かに、建築中の家から聞こえてきます。(^O^)
また遊びに来てくださいね。
失礼します。

Re: タイトルなし

さらパパさん

訪問&コメントありがとうございます。
また、遊びに来てください。よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。