スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

布団の中で考えてみた-①目的と手段…手段の結果の断熱?? 

カテゴリ:断熱気密

こんにちは。

年末年始、寝込んでいました(恥)

年末子供にうつされ、元旦に甥っ子にうつされ?、家の中で風邪やウィルスのキャッチボール(涙)
そんなこんなで、また子供が熱を出して日曜に当番の病院にかかったり、お嫁様が風邪をひいて仕事を休んだり…。・

やっと通常に戻りました。
が、まだまだ油断はできません。お客さんに聞いたりすると、近所でもインフルエンザが流行っている話を聞きました。

生きているか確認の電話下さった方、ありがとうございました。
寝込んでいる間、テレビを見たり、携帯を見る元気もなかったりのお布団の中で思ったことを少し…。


東日本大震災以降、エネルギー事情が変わり、省エネや節電に目が向けられ、昨年のゼロエネ住宅の補助金や認定低炭素住宅、今後の省エネ基準の改正や2020年の断熱義務化?に向けての大工職など実務者の施工技術講習会が始まったりと、省エネが熱い?です。
これに伴い、断熱材や気密材、その他関連商品のメーカーさんの講習会の案内が届きます。


断熱?気密?工法?
ただでさえボンヤリしている頭が、熱が出たり気持ち悪かったりで、なんだかわからなくなりました。

ここで僕なりに整理。

断熱や気密は、目的じゃないんですよね。
冬暖かく暮らしたり、夏涼しく過ごすための手段で、少ないエネルギーで暖かく暮らすための手段、方法として丁寧に断熱してってのが筋道じゃないかと…。

目的と手段を例え話に置き換えてみます。

2010年に研修会参加の為、仙台に出張がありました。
ここでいう、目的は出張参加の為に、仙台へ行く!です。

で仙台へ行くためには、
1.東海道新幹線で東京まで出て、東北新幹線(でいいんですよね?)に乗り換えて仙台へ行く方法。
2.中部国界空港(セントレア)まで行って、仙台まで飛行機で飛ぶ方法。
3.車で高速道路を使って、ひたすら北上する方法!
4.自家用ヘリコプター?
などなど、いろいろな手段があり、それぞれ金額も、時間も違いますし、帰りに途中で寄りたい場所があったりすれば、選択できないことがあるのが、手段や方法じゃないかと…。

で、僕は予算の関係、時間の都合をとって、1の新幹線を使って仙台まで行きました。


ここで再び、断熱や省エネの話。

冬暖かく、夏涼しく過ごしたい。光熱費を少なくしたい。が目的。

その目的を達成するためには、断熱材を入れましょう=暖かく暮らし、省エネにする手段を使う(でいいんですよね?ちょっと心配(冷汗)

この手段、方法は、大枠で上記1~4のようにいくつかに分かれていて、断熱手法として、
充填断熱工法があったり、外張断熱工法があったり、メーカーさんのクローズドな○○工法があったり、はてまたNASA開発の○○?と言われるような工法があったりと、多種多様です。
これらは、手段であり、方法です!


新幹線なら、東京駅での乗り換えの時間を遅らせて、スカイツリーを見に行ったりできるでしょうし、車なら茨城で水戸黄門の隠居所であった西山荘を見に寄ったりと、目的を果たしながら自分の好みの場所に寄ったりできます。

飛行機に乗りたいから、乗っていける場所を選ぶ。
新幹線に乗りたいから、路線にある場所を選ぶ。
旅行なら、それもありでしょうが、家は住む人が暖かく、快適に、心地よく住むのが目的じゃないかなと…。


まだ、風邪が完治していないのか、文章がまとまっていません(←風邪のせい)

次回に続くかも…です!


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。