スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

省エネ法改正--勉強しなくちゃ! 

カテゴリ:断熱気密

こんばんは。

またまた久しぶりの更新です(汗)

一般消費者の方は、まだあまり知られていないと思うのですが今年省エネ法の改正が行われ、僕たち業界内ではバタバタっとした雰囲気があります。

内容は、今まで建物の断熱性能が基準より下回っている事と、夏の期間に室内を暑くしてしまう太陽熱を遮る基準をクリアしているかの2つをクリアしていれば、良かったのですが、今回は建物の断熱性能と夏の冷房期間の太陽熱を遮る基準をクリアする事に加えて、生活で消費するエネルギー(暖房や家電なお湯など)が基準のより下回ることの2つの条件になります。

今までは、断熱性能を計算して基準をクリアする方法と、年間の冷暖房費を計算して基準をクリアする方法の難しい方法と、簡易法があり、簡易法としてこの地域は、屋根にこの断熱を何ミリ、壁にこの断熱を何ミリ、サッシはペアガラスで…と早見表をみて使うものを決められたのですが、今のところ一軒一軒、建物の断熱性を計算しないとダメらしい。

ということで、最近静岡県内でも改正基準の勉強会があっちこっちで開催されています。


平成11年基準ができる前から、断熱工法の某FCに加盟していましたが、静岡県内で高断熱高気密の勉強会、講習会は皆無で、東京に行ったり、名古屋に行ったり、岐阜(⇐ここが穴場)に行ったりしましたが、今年度に入ってから、所属する団体「静岡木の家ネットワーク」でも断熱教室を開催しています。


僕は、断熱性能を計算する方法を使ってきましたが、計算方式が変わるので平成11年以来、久しぶりにじっくり勉強です。



インフォメーション
天竜杉で安心安全(耐震)で省エネルギーの心地よい空間の木の住まいづくりのをしている静岡県周智郡森町の大工 工務店です。
詳しくはWebSiteをご覧ください。
有限会社 小坂建築
静岡県周智郡森町睦実1758-4
TEL:0538-85-2189
FAX:0538-85-1435
<twitter、Facebookもあります。>
小坂教光_Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です。)
有限会社 小坂建築 Facebookページ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。